0:かつて僕らは敵だった

「俺と一緒に旅に出ようよ、アルバ」

そういって手を差し出したのは、魔王の息子の三男坊。

私はずっと、この狭くて愛しい田舎の村で生きていくんだと思っていた。

自警団の一員として獣や魔物から村を守りながら、たまに来る冒険者や行商人など旅人の世話を焼き、代わりに少しばかりの話を聞く。
冒険者に憧れを抱いてはいても決心がつかず、旅立つきっかけが持てないままに過ごす日々だった。

そんな迷いを一瞬で断ち切った貴方には、本当はとても感謝している。悔しいからそんなこと絶対言わないけれど。

これはそんな私と貴方の、ほんの一時の物語。

 

 

スポンサーリンク
 data-eio=ここは一次創作サイトです" width="640" height="427" >

ここは一次創作サイトです

趣味のイラストや小説を置いています。
亀の歩みですが、コツコツ更新を目指して鋭意努力中。
pixivやなろうにも同じものを投稿しています。